Top > 連載「徳島のお品書き」(第11回)
 ← 連載「ODORISM」 平成27年 / 水無月 | TOP | 吉野川SAでGWイベント 地元連の阿波踊りも

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


連載「徳島のお品書き」(第11回) 

2015年05月13日 ()
ひょうたん島で宝探し
HYOTAN ISLAND DE TAKARA SAGASHI

水の都と呼ばれている徳島の県都・徳島県徳島市。日本を代表する一級河川、四国三郎・吉野川がつくった徳島平野(沖積平野)で、発展を続けてきました。徳島市街の特徴点、それは橋がとっても多いこと。吉野川の支流が網の目状に流れ込み、まるで複数の島が寄り添っているような感じです。それらの島と島を結ぶのが中小の橋梁なのです。イタリアの観光地・ベネチア(ベニス)に似ていることから、「東洋のベニス」と呼ばれることも。島と川は徳島物語のキャストから外すことはできません。徳島平野の代表的な島は、新町川・助任川・福島川に囲まれているひょうたん島。上空から眺めると瓢箪のような形をしていることから、そう呼ばれるようになりました。徳島の行政機関や商業地区がひしめき合う中核の島でもあります。前置きが長くなりましたが、今回ご紹介させていただく観光スポットは、ひょうたん島一周の遊覧船です。NPO法人新町川を守る会が運営していて、全国唯一の無料遊覧船(保険料200円)として知られています。爽やかな風を受けながら約20分間のひょうたん島クルーズ。船上から眺める徳島の街は、きっと、すばらしい思い出になることでしょう。徳島を観光される方は、このクルーズの乗船をお忘れなく。決して外してはならないスポットであります。連載「徳島のお品書き」は、残すところあと1回。最終回となる来月は、徳島が世界に誇る本場徳島の阿波踊りをご紹介します。ブラジルのリオのカーニバルに匹敵し、日本国内外から注目を浴びている盆踊りです。感動はいつも徳島の街角で....

LIVE TOKUSHIMA × 阿波踊りBLOG
連載コラム「徳島のお品書き」(第11回)
文:ヨシカネ ツヨシ(徳島ペンクラブ)
LIVE TOKUSHIMA(2014年6月13日掲載記事)より

[RSS]

[2015.05.13(Wed) 00:00] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


Trackback

この記事のURL:
http://awaodori.blog65.fc2.com/tb.php/3087-e8fbac1e
 ← 連載「ODORISM」 平成27年 / 水無月 | TOP | 吉野川SAでGWイベント 地元連の阿波踊りも

Contents

Back Number

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。