Top > 「いのちをつなぐ・・・・」とは
 ← 連載「徳島のお品書き」(第8回) | TOP | 真の一流とは 味は一流、サービスは三流以下

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


「いのちをつなぐ・・・・」とは 

2015年02月11日 ()
「いのちをつなぐ・・・・」。昨年、あるメディアに寄稿したコラムのテーマです。あれから一年。読み直していたときにふと思ったことを、今宵は書かせていただきます。「いのちをつなぐ・・・・」とは何でしょうか。私はそのコラムに、親から子供へといのちをバトンパスすることと記しました。確かに、生物は子孫繁栄のために子供を産んで育てています。しかし、あくまでもそれは「器」の話。いのちをつなぐというのは、単に生物学的な事象を指すのではなく、実は「魂」を受け継ぐことなのです。では、魂とは何でしょうか。家庭なら教育や躾、企業なら企業理念や企業精神。つまり「中身」です。では、阿波踊りに置き換えてみましょう。連の存続のために連員を募ることは大切です。でも、私に言わせればそれは器の話です。連のいのちをつなぐには、募った連員に中身を伝えなければなりません。私たちの使命は、後世にいのちをつなぐことなのです。受け継ぐべきいのち。いま一度、考えましょう。その本質を....

[RSS]

[2015.02.11(Wed) 00:00] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


Trackback

この記事のURL:
http://awaodori.blog65.fc2.com/tb.php/3079-2a632692
 ← 連載「徳島のお品書き」(第8回) | TOP | 真の一流とは 味は一流、サービスは三流以下

Contents

Back Number

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。