Top > 祝日から読む日本人のこころ
 ← 吉野川フェスティバル 川と親しむ3日間 | TOP | 阿波踊りを体験しよう アスティおどりひろば

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


祝日から読む日本人のこころ 

2014年06月14日 ()
阿波踊りへの期待が膨らむ水無月。街のあちこちで、踊りの練習風景が見られるようになりました。ところで、期待が膨らむ6月は、祝日がない少し悲しい月でもあります(笑)。今日は祝日をテーマに少し書かせていただきたいと思います。一般的には、祝日は休日で仕事の疲れをとる日という認識の方が多いようですが、実は深い意義が存在します。たとえば、2月11日の「建国記念の日」。建国をしのび国家を愛する心を養う日です。現代人が忘れかけている国家への愛国心を、いまいちど考える大切な日にしたいものデス。そして、もうひとつ。9月の第3月曜日の「敬老の日」も。お年寄りに対して尊敬の念を持つこと。これもまた日本人として、決して忘れてはならないことデス。日本人がどうあるべきかを示してくれる道標。それが国民の祝日なのです。そう思うと、祝日がない6月は、やっぱり悲しい月です....

[RSS]

[2014.06.14(Sat) 10:00] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


Trackback

この記事のURL:
http://awaodori.blog65.fc2.com/tb.php/2831-c9fbd3ed
 ← 吉野川フェスティバル 川と親しむ3日間 | TOP | 阿波踊りを体験しよう アスティおどりひろば

Contents

Back Number

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。