Top > 演奏の本質から考える阿波踊り
 ← 鳴門うずしお大使になろう! | TOP | 連載「ODORISM」 平成26年 / 如月

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


演奏の本質から考える阿波踊り 

2014年02月01日 ()
最近、NHKが放送している「スコラ | 坂本龍一・音楽の学校」をよく観ています。グラミー賞を受賞した世界的な日本人音楽家のひとり、教授こと坂本龍一氏が講師となって様々な音楽理論を解説する、いわば大学の講義のような番組です。そのなかで、こころにとまる話があったので、今宵は少し書かせていただきます。楽器の演奏とはなにか? 本質に迫る究極の問いかけです。レコーディングエンジニアのある番組出演者は、「演奏とは、音楽ホール全体で鳴らすもの」と、解説しました。奏者は楽器を上手く奏でればいいのではなく、ホールを鳴らすことによって観客に音楽を伝えなければならない。つまり、音楽ホールの壁に反射した反響音はもちろん、ホールのなかの緊迫した雰囲気までもが楽曲演奏なのだと。そう、これは阿波踊りにも通ずると思います。ホールで踊る舞台踊りやアーケードで踊る街角踊りは、ただ単に踊ればいいのではなく、漠然と鳴り物を奏でればいいのではなく、空間全体を使って観客に阿波踊りを伝える。そういう思いで挑まなければならないのでは。とっても難しいテーマではありますが、少なくとも、思いだけでもそうでなければ。今夏は燃える本場徳島の街を、あなたの阿波踊りで響かせてください。観客を包み込む、熱い踊りで....

[RSS]

[2014.02.01(Sat) 13:30] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


Trackback

この記事のURL:
http://awaodori.blog65.fc2.com/tb.php/2669-3ee6eff9
 ← 鳴門うずしお大使になろう! | TOP | 連載「ODORISM」 平成26年 / 如月

Contents

Back Number

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。