TOP | NEXT

こころのシャッター 

2014年12月21日 ()
動画で溢れる現代社会。そんななか写真は消え去ることなく、いまなお人々に愛されています。様々な理由が考えられますが、今宵は私が感じたことを少々。私たちは長い人生のなかで、嬉しいことや悲しいこと、楽しいことや辛いことなど、記憶のなかにそのときどきの光景を記録しています。時とともに不要な記憶は消去され、残していくべき光景だけが蓄積されているワケです。では、その大切な光景は動画でしょうか、それとも写真でしょうか? きっと、写真であると思います。記憶は脳裏に動画で記録されますが、やがて写真へと変わります。人の記憶は静止画の積み重ね。つまり、懐かしい光景は動画ではなく写真で記憶されているのデス。人間はアナログ、記憶は写真的、写真が健在である理由のひとつ。思いでは写真のなかに。さあ、こころのシャッターで素晴らしき阿波踊りを....

[RSS]

[2014.12.21(Sun) 00:00] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


阿南市で「あわ民俗芸能フォーラム」 

2014年12月18日 ()

(c) 徳島県地域伝統文化総合活性化委員会

1月18日(日)に、阿南市情報文化センター・コスモホールで、「あわ民俗芸能フォーラム2015 ~こころのふるさとに還る(かえる)瞬間(とき)~」が開催されます。主催は徳島県地域伝統文化総合活性化委員会(←長っ^^)で、入場は無料です。阿波人形浄瑠璃・ポラリス座、創作太鼓・羽ノ浦和太鼓グループどんど鼓、鳴門高校阿波踊り部による阿波踊り、高川原勇獅子保存会による獅子舞などが予定されています。また、「伝統文化の次世代継承をめざして」をテーマにしたシンポジウムも。司会は我らがエフエム徳島パソナリティーの近藤公美さんです。こころのふるさとを覗いてみては....

□日時:平成27年1月18日(日)
     ・13:00~15:00 芸能公演
     ・15:10~16:00 シンポジウム
□場所:阿南市情報文化センター コスモホール(徳島県阿南市)
□その他:入場無料

[RSS]

[2014.12.18(Thu) 00:00] News / EventTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


連載「徳島のお品書き」(第6回) 

2014年12月13日 ()
いのちをつなぐ浜
INOCHI WO TSUNAGU HAMA

徳島市から車で走ること約1時間ちょっと。国道55号を南下し、阿南市からひと山越えると、海部郡美波町(旧由岐町・旧日和佐町)に到着します。連載の旅は徳島県南へ。今回は美波をご紹介いたします。美波町といえば、なにを想像しますか? 台風接近時のNHK中継でおなじみの大浜海岸。NHKといえば、連続テレビ小説「ウェルかめ」の舞台にもなりました。徳島での連ドラは、名作「なっちゃんの写真館」以来の二作目。初のダジャレタイトルでした(笑)。大浜海岸にウェルかめ。そう、徳島県美波町は、アカウミガメの産卵地として有名な町なのです。生涯の大半を海中で過ごすアカウミガメ。研究成果によりますと、陸に上がってくるのは、雌が産卵するときだけとされています。夏場、体内にたくさんの卵を抱えた雌が、遠く太平洋の彼方から産卵のために戻ってきます。人間の世界でいう里帰り出産。どうして何千キロも離れた海から帰ってくることができるのでしょう。ウミガメには地磁気で自分の位置を把握する能力があるという説もありますが、ふるさとを忘れない「こころ」があるからだと、私は信じています。どんなに遠くまで行っても、決してふるさとを忘れない。そして、必ずふるさとに里帰りする。アカウミガメの雌の行動を、私たち人間も見習うべきなのです。涙を流しながら産卵するアカウミガメ。でも、流しているのは涙ではなく、塩分を含んだ粘液みたいです。夢を壊してしまう現実的な話で、少し残念な話であります。きれいな浜辺でしか産卵しないと言われているウミガメ。浜に上がってきた雌は巣穴を掘って、1回に100個くらいの卵を産卵します。約2か月後、孵化した子ガメは、海を目指して懸命に浜辺を這っていきます。天敵が多い大自然のなかで、大人のウミガメまで成長できるのはほんのわずか。そんなわずかな雌が、再びふるさとへと里帰りし、産卵しているのです。アカウミガメのふるさと大浜海岸は、いのちをつなぐ浜。徳島の美しい県南に、そんな素敵な場所があることを、私は誇りに思っています。そうそう、最後に皆さんにひと言。年末年始にちゃんと里帰りしましたか....

LIVE TOKUSHIMA × 阿波踊りBLOG
連載コラム「徳島のお品書き」(第6回)
文:ヨシカネ ツヨシ(徳島ペンクラブ)
LIVE TOKUSHIMA(2014年1月13日掲載記事)より

[RSS]

[2014.12.13(Sat) 00:00] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


恒例の新春特別公演 阿波おどり会館で 

2014年12月06日 ()
新年1月2日(金)と1月3日(土)に、徳島市の阿波おどり会館で、毎年恒例の「阿波おどり新春特別公演」が開催されます。毎年、協会所属の有名連が順番に出演し、阿波おどりホールで踊りを披露しています。来年はうきよ連と阿呆連による踊りでスタート。観光で徳島に来られている方、帰省で徳島に戻られている方、徳島にお住まいの方。有名連の初踊りを、是非、ご堪能ください....

□日時:平成27年1月2日(金)・1月3日(土)
       13:00~・15:00~ (各50分)
□場所:阿波おどり会館(徳島市) 阿波おどりホール
□出演連:1月2日(金)うきよ連 / 1月3日(土)阿呆連
□入場料:大人600円・小中学生300円
□その他:各公演開始30分前から入場券を発売(定員250人)

[RSS]

[2014.12.06(Sat) 00:00] News / EventTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


連載「ODORISM」 平成26年 / 師走 

2014年12月01日 ()

(c) TSUYOSHI YOSHIKANE (AWA ODORI BLOG)

お母さん、踊れたよ。

ヨシカネツヨシ
「ODORISM」
(photo no.13)

[RSS]

[2014.12.01(Mon) 00:00] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


東京ドームでふるさと祭り東京 踊りと味の祭典 

2014年11月30日 ()

(c) ふるさと祭り東京実行委員会

1月9日(金)から1月18日(日)まで、東京ドームで「ふるさと祭り東京 日本のまつり・故郷の味」が開催されます。主催はふるさと祭り東京実行委員会(フジテレビ・文化放送・東京ドーム)。高円寺阿波おどりを始め、秋田竿燈まつり、仙台すずめ踊り、高知よさこい祭り、沖縄全島エイサーまつりなどなど、日本を代表する祭りが大集合します。さらに、会場では全国各地から集まった特産品や料理の初売りも行われます。詳しくは下記の公式サイトをご覧ください。新春の東京ドームで、観て食べて楽しいひとときをどうぞ....

ふるさと祭り東京 日本のまつり・故郷の味
http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

[RSS]

[2014.11.30(Sun) 00:00] News / EventTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


食材フェアで阿波踊り 文理連が観客を魅了 

2014年11月23日 ()

(c) TSUYOSHI YOSHIKANE (AWA ODORI BLOG)

徳島市の藍場浜公園で「とくしま食材フェア2014」が開催されています。開催2日目の11月23日(日)は晴天に恵まれ、絶好のフェア日和。朝早くから大勢の観客で賑わいました。徳島文理大学連の皆さんが舞台に登場し、観客が見守るなか舞台いっぱいに熱い踊りを繰り広げました。フィナーレは観客が混じっての輪踊りも。会場を訪れた大勢の観客らは、徳島の旬の食材と有名学生連の踊りを堪能していました。食材フェアで旬の徳島を満喫あれ....

[RSS]

[2014.11.23(Sun) 12:00] News / EventTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


阿波踊りBLOG写真展 / 特別出展 

2014年11月16日 ()

(c) TSUYOSHI YOSHIKANE (AWA ODORI BLOG)

[写真] SHIKOKU UNIVERSITY FESTIVAL

[RSS]

[2014.11.16(Sun) 09:30] PhotoTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


阿波踊りBLOG写真展 / 特別出展 

2014年11月16日 ()

(c) TSUYOSHI YOSHIKANE (AWA ODORI BLOG)

[写真] SHIKOKU UNIVERSITY FESTIVAL

[RSS]

[2014.11.16(Sun) 09:20] PhotoTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


阿波踊りBLOG写真展 / 特別出展 

2014年11月16日 ()

(c) TSUYOSHI YOSHIKANE (AWA ODORI BLOG)

[写真] SHIKOKU UNIVERSITY FESTIVAL

[RSS]

[2014.11.16(Sun) 09:10] PhotoTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


TOP | NEXT

Contents

Mobile

Back Number

Countdown