TOP | NEXT

AWA ODORI BLOG が米国の雑誌に 

2015年04月01日 ()

(c) TSUYOSHI YOSHIKANE (POWERED BY PHOTO FUNIA)

米国の某雑誌に掲載された当ブログの記事です。外人記者からのインタビューは英語。苦戦しました....

[RSS]

[2015.04.01(Wed) 01:00] News / EventTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


連載「ODORISM」 平成27年 / 卯月 

2015年04月01日 ()

(c) TSUYOSHI YOSHIKANE (AWA ODORI BLOG)

阿波の技と美。

ヨシカネツヨシ
「ODORISM」
(photo no.17)

[RSS]

[2015.04.01(Wed) 00:00] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


徳島ペンクラブが作品募集 とくしま随筆大賞 

2015年03月31日 ()
徳島県在住・出身の文筆愛好家らでつくる徳島ペンクラブ(竹内菊世会長)が、第16回「とくしま随筆大賞」の作品を募集しています。締切は5月31日(消印有効)。作品のテーマは自由で、エッセイや随想などを400字詰め(縦書き)原稿用紙3~5枚以内の未発表の作品で1人1編まで応募可能です。ワープロ原稿の場合は、1行40字でA4用紙に印刷し、前記の分量に換算してください。応募資格は徳島県内在住者または徳島県出身の県外在住者。 審査結果は7月中旬に徳島新聞紙面で発表されます。審査員は徳島大学の依岡隆児教授、徳島新聞社生活文化部の撫養佳孝次長、徳島ペンクラブの竹内菊世会長。なお、大賞(1編)は賞状・賞金3万円、準大賞(1編)は賞状・賞金1万円、佳作(1~2編)には賞状・記念品が贈られます。また、大賞と準大賞は「徳島ペンクラブ選集」への掲載も。阿波踊りをテーマに書いてみるのもいいかも....

□応募先:
徳島ペンクラブ「第16回とくしま随筆大賞」係
徳島市東沖洲2丁目1-13 徳島県教育印刷内
(作品表紙に名前、年齢、住所、電話番号、FAX番号を記すこと)

[RSS]

[2015.03.31(Tue) 00:00] News / EventTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


阿波おどりミュージアム 中学生以下無料に 

2015年03月21日 ()

(c) TSUYOSHI YOSHIKANE (AWA ODORI BLOG)

4月1日(水)から、阿波おどり会館3階の阿波おどりミュージアムの入場料が改訂されます。今回の改訂により、小学生と中学生の入場料が無料になり、三種セット券(おどらなそんそん阿波おどり・阿波おどりミュージアム・眉山ロープウェイ往復)も安くなります。詳しくはこちら(外部サイト)をご覧ください。阿波踊りの次世代を担う子供たち。いざ、会館へ....

[RSS]

[2015.03.21(Sat) 10:00] News / EventTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


写真集「ODORISM」公開 阿波踊りのこころを世界へ 

2015年03月16日 ()

(c) TSUYOSHI YOSHIKANE (POWERED BY FLICKR)

阿波踊り情報ブログ「阿波踊りBLOG」を開設する私、ヨシカネツヨシは、米国Yahoo!が運営するFlickrに海外向け写真集「ODORISM」を公開しました。今回公開した作品は、毎月1日更新で当ブログに掲載中で、阿波踊りへの思いを言葉で添えた写真作品です。当ブログのバックナンバー(過去ログ)にも掲載されていますが、写真集形式で一覧にした方が見やすいような気がします。先日公開した写真集「ODORI BEAUTY」に続く第2弾。世界中の阿波踊りファンの皆さん。次作の写真集も、こうご期待....

写真集「ODORISM」
https://www.flickr.com/photos/129570608@N03/sets/72157651221699465/

[RSS]

[2015.03.16(Mon) 00:00] News / EventTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


連載「徳島のお品書き」(第9回) 

2015年03月13日 ()
未来への架け橋
MIRAI HENO KAKEHASHI

徳島の陸の玄関・鳴門市。世界最長の吊り橋・明石海峡大橋を渡り、のどかな淡路の風景を小一時間眺めたら、鳴門海峡に架かる大鳴門橋へ。眼下に広がる雄大な海峡には、地元有志らの手によって世界遺産の登録が進められている鳴門の渦潮が。世界に誇る観光資源が、あなたを出迎えてくれます。鳴門市は県内屈指の観光都市。見所は渦潮だけではありません。たとえば鳴門市ドイツ館。日本で初めて交響曲第九番(ベートーヴェン作曲)が演奏された鳴門は、ドイツと密接な関係にあります。映画「バルトの楽園」の舞台にもなった板東俘虜収容所で繰り広げられた熱き友情の物語。第一次世界大戦時に俘虜となったドイツ兵と地元鳴門の人々との交流が、スクリーンいっぱいに映し出されました。日本でもっとも有名になった収容所は、日独友好に大きく寄与し、その物語は国境を越える架橋として、今日まで受け継がれています。そして、もうひとつ。鳴門を書くうえで忘れてはならないのがお芋・鳴門金時です。痩せた土地でも育つサツマイモは、砂地が多い鳴門の風土にとっても合っています。沿岸部の里浦で栽培された鳴門金時は「里むすめ」というブランド名で呼ばれ、高値で取引されている逸品。鳴門金時を原料にした芋焼酎の製造もとっても盛んです。最後にこれも。今期J1昇格を果たした四国初のJリーグチーム・徳島ヴォルティス。本拠地としても有名です。徳島県民や地元の有名企業が応援しています。鳴門は大塚製薬をはじめ、多くの優良企業が集まる企業城下町でもあり、これからの発展が期待されています。神戸淡路鳴門ルートを通って四国に入られる皆さん。是非、徳島の玄関・鳴門にお立ち寄りください。きっと、素敵な出会いがありますヨ....

LIVE TOKUSHIMA × 阿波踊りBLOG
連載コラム「徳島のお品書き」(第9回)
文:ヨシカネ ツヨシ(徳島ペンクラブ)
LIVE TOKUSHIMA(2014年4月13日掲載記事)より

[RSS]

[2015.03.13(Fri) 00:00] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


出演連スケジュール公開 はな・はる・フェスタ 

2015年03月08日 ()

(c) はな・はる・フェスタ実行委員会

4月18日(土)と4月19日(日)の2日間、徳島市の藍場浜公園とあわぎんホール(徳島県郷土文化会館)で開催される、はな・はる・フェスタ2015。今年も藍場浜エントランス桟敷での阿波踊りやあわぎんホールの舞台が無料開放されます。出演連の出演予定が気になるところですが、はな・はる・フェスタの公式ブログに出演連のスケジュール表が掲載されています。旅の計画にお役立てください。詳しくはこちら(公式ブログ)をご覧ください。なお、藍場浜エントランス桟敷、あわぎんホールステージともに入場整理券が必要とのこと(公演60分前に配布)。全国の皆さん。はな・はる・フェスタで、春を感じませんか....

[RSS]

[2015.03.08(Sun) 00:00] News / EventTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


連載「ODORISM」 平成27年 / 弥生 

2015年03月01日 ()

(c) TSUYOSHI YOSHIKANE (AWA ODORI BLOG)

ときを越えて。

ヨシカネツヨシ
「ODORISM」
(photo no.16)

[RSS]

[2015.03.01(Sun) 00:00] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


湯船の九九 

2015年02月25日 ()
県外出張の宿泊先ホテル。久しぶりに入ったホテルの大浴場に、こころも身体も癒されました。湯船に浸かっているときに思い浮かんだこと。それはなんとなんと小学生の頃の思いで。湯船に浸かると決まって九九を言わされていました。早くお風呂から出たいが故に、早口で九九を言ってましたから^^ きっと皆さんもそうだったのでは。思いでは大切な大切なたからもの。だから、子供たちにも素敵な思いでをプレゼントしましょう。そんなそんな贈り物に、徳島阿波踊りはどうですか....

[RSS]

[2015.02.25(Wed) 00:00] ColumnTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


トクシィの誕生日を祝う会 2月22日開催 

2015年02月18日 ()
2月22日(日)に新町ボードウォークのとくしまマルシェ会場で、「トクシィ生誕3周年記念イベント」が開催されます。サプライズオープニング(←なんじゃらほい?)、誰でも参加できる阿波おどり教室、トクシィスイーツ第2弾!和スイーツお披露目、Happy Birthdayライブ、トクシィとのふれあいタイム(写真撮影など) が予定されています。詳しくはこちら(外部サイト)をご覧ください。皆さん、行きましょ....

□日時:平成27年2月22日(日)
      10:00~12:30
□場所:新町ボードウォーク周辺(徳島市東船場町)

[RSS]

[2015.02.18(Wed) 23:00] News / EventTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


TOP | NEXT

Contents

Mobile

Back Number

Countdown